FC2ブログ

本当の幸せについて語っています。

本当の幸せとは

誕生日でした

新聞版のぱどが投かんされていたので見たら

私の誕生日に満天の湯で無料でショーを

やるようだったので行ってきました。

上星川までゆっくり歩いていきました。

トイレのことが気になりました。

満天の湯に着きエントランスに行くと

橋が架かっている飾りなどが出来雰囲気が変わっていました。

中に入るとイベント会場があったので席に座り

ショーが始まるのを待ちました。すると家族連れが来て

子供を二人抱えた奥さんが私の前に座りました。

そして子供をしきりにポンポンして子供いるアピールをして

きました。それをちょっとうっとおしく感じましたが

愛する気持ちを持ったら暖かい気持ちで受け止められました。

ショーが始まりました。最初は落語です。落語家の方が

やってきました。これからはお金儲けを大事にしたいと言っていました。

落語が始まりました。あくびをテーマにした落語でした。

終わった後全員にチラシを配っていました。それを見ると絵本教室の案内で

1700円位取るようでした。その後、歌のショーとマジックショーと続き

ビンゴがありました。第1部が終わった後、お腹が減ったので何か食べようと

思ってお食事処に行きました。メニューを見たらお刺身が1100円、

そばが800円と結構高かったです。しょうがないので一番安いラーメン680円を

頼みました。座敷の一番奥の外の景色が見えるところに座りました。

ラーメンは面とメンマと角煮がちょっと入っているお粗末なものでした。

普通のラーメン屋だったら同じ値段でもっとましなラーメンが食べられるのになと

思いながら食べました。家族連れが隣にいて子供がはしゃいでいます。

それにも愛情をもって対応しました。

ショーの第2部は16時半からでまだかかるので見るのを諦め

お風呂に入ることにしました。まずは屋内の大風呂に入りました。

お湯が黄色く濁っています。漢方の湯に変わったようです。

そのあと露天のうたた寝湯に行きしばらく寝ていました。

春の風を感じながら寝ていると少し気分が晴れてきました。

でもトイレに行きたくなってトイレが入っていたらどうしようとか

枕が後頭部に当たっていてそれが刺激になってまた頭が痛くなったら

どうしようとか心配事ばかり浮かびリラックスできずにいました。

あと周りの幸せアピールをしているのを見たら怒りを抑えるのが

厳しくなってきました。怒りを我慢しないで怒ったほうがいいのでは

と思い心の中でムカつくと繰り返していました。

不安が付きまとうのは誰かが不安にさせていると思っていたのですが

もしかするとそれは実は脳内の出来事で妄想と思えば消えるのでは

と思いそう思うことにしました。でもそう思うと今度は周りの人間達は

念では制御できないという思いに駆られました。そう思うとまた別の

不安に駆られました。それを法律があるから大丈夫だ。と言い聞かせても

不安が取れなかったのでやっぱり全ての意識はつながっているという考えに

戻しました。周りは幸せアピールしてくるしトイレの不安や頭が痛くなった

時の不安などで元気が漏れてヘロヘロ状態になってきました。

辛い気持ちのままで満天の湯を後にしました。帰りは湯疲れもして

心身ともに疲れ果てて家に帰りました。家に入るとき同じアパートの

住人がカップル連れでキャリーケースを持って出てきたのは

私に追い打ちを掛けようとしているなと思いました。

家に帰って服を脱ぎ休みました。

家に帰ると今まで感じていた精神的プレッシャーも嘘のように消え

スッキリしました。しばらく休んでいると段々今まで受けた仕打ちが

腹立たしくなり呪いをかけました。

私が受けた今までの呪いを全て返しました。

鼻水が止まらなくなる呪い下痢になる呪い太る呪い頭が悪くなる呪い

記憶力が悪くなる呪い不幸になる呪いぼっちになる呪い

それをかけたらくしゃみが止まらなくなりました。くしゃみが止まらなくなる

呪いも追加しました。そうしたら咳が止まらなくなりました。今度は

咳が止まらなくなる呪いをかけました。そうしたら蚊が現れました。

相手の部屋にあらゆる虫が現れる呪いをかけました。そうしたら

何も起こらなくなりました。

『人に呪いをかけるといつかお返しをされる。人を呪うものではないぞ。』

私は心の中で思いました。

私はいつも愛していたいタイプなので限界まで我慢してしまい

まとめてお返しをするので相手はお返しが来ないと調子に乗ってしまい

やりすぎ私の手痛いお返しを受けるという結果になるようです。

怒りは小出しにした方がいいのかなと最近思っているところです。


関連記事
スポンサーサイト




  1. 未分類
  2. / trackback:0
  3. / comment:0
  4. [ edit ]


comment


 管理者にだけ表示を許可する
 

trackback


プロフィール

dayondayo2000

Author:dayondayo2000
日常生活であったことを日記形式で語っています。.:♪*:・'(*⌒―⌒*))) スペシャルスマイル

最新トラックバック

スポンサーリンク

アクセスカウンター

« 2019 12  »
SUN MON TUE WED THU FRI SAT
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31 - - - -

検索フォーム

ブロとも申請フォーム

QRコード

QR



.